武蔵村山市

武蔵村山市Webサイト
https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/


基本情報

◆面積:15.32㎢(2017年10月1日時点)
◆総人口:72,108人(2020年8月時点)
◆緑被率:44.5%(2011 年時点)

緑の基本計画

◆名称:武蔵村山市第二次みどりの基本計画
◆策定年:2013年
◆概要:本市では、平成9年3月に「武蔵村山市緑の基本計画(改訂)」(以下「旧計画」という。)を策定しました。その後、旧計画に基づいてみどりの保全と緑化の推進に取り組んできましたが、目標年次である平成 22 年度(2010 年度)を迎え、計画の期間が満了となりました。 この間、平成16年には※景観緑三法が成立し、みどりの基本計画の根拠法である都市緑 地法(旧都市緑地保全法)、※都市計画法などの見直しが行われ、この見直しにより、※都市公園の整備方針について盛り込むことを明確化するなど、新たなみどりの保全、緑化推進のための制度が拡充されました。また、本市のまちづくりのも基本となる「武蔵村山市第四次長期総合計画」が、平成 23 年 2 月に策定されました。さらに、少子高齢化の進行、自然災害への対応、生物多様性の保全の重要性など、社会情勢も変化しています。
このようなまちづくりの動向、社会情勢や環境の変化に対応して旧計画を見直し、「武蔵村山市第二次みどりの基本計画」(以下「本計画」という。)を策定しました。
なお、本計画の策定においては、樹林地や農地のみどりだけではなく、新たな視点で総合的なみどりのまちづくりを進めていくことから、旧計画の「緑」は「みどり」としました。
◆リンク:http://www.city.musashimurayama.lg.jp/shisei/shisaku/machizukuri/1002050.html

環境基本計画

◆名称:武蔵村山市第二次環境基本計画
◆策定年:平成28年
◆概要:市では、平成18年12月に「武蔵村山市環境基本計画」を策定し、環境保全等に関する施策の推進に努めてきました。この度、「武蔵村山市環境基本計画」が平成27年度末で期間満了を迎えたため、引き続き、人と自然との共生を基本とし、市・市民・事業者がそれぞれの役割を果たし、環境保全等を推進するための計画として「武蔵村山市第二次環境基本計画」を策定しました。
本計画は、平成28年度から平成37年度までの10年間を計画の期間としておりますが、今後の環境問題や社会動向等の変化を踏まえ、計画の体系や進行管理の在り方など、計画全体にかかわる見直しを適時行うこととしております。
◆リンク:https://www.city.musashimurayama.lg.jp/shisei/shisaku/kankyou/1004673.html